2013年10月4日金曜日

2013/10/04

今日、大阪の第七芸術劇場で、『日本の悲劇』の最終日、舞台挨拶をします。
きっと、これが最後の挨拶になります。
映画は、まだまだこれから公開のところもあります。
来年一月までは、どこかで、『日本の悲劇』は、上映しています。
気が変わって、ふらりと劇場に行って、お客さんに挨拶するかもしれませんが、その時は、よろしくです。

ぼちぼち、来年のことを考えています。
もちろん、新作のことですが、まだ、何も決めてませんが、もっと、もっと、アンダーグラウンドで、製作していきたいと今は、思っています。
一時期のゴダールではありませんが、なるべくお金を掛けない映画を、作って行きたい。
今までとは、方法論をまた変えてみようかと思っています。

出来れば、三本ぐらい来年は、作りたい。
ま、出来れば、なんですが。

ボクは今、薬の他に、重曹と活性炭を飲んでいます。
これも薬剤と言うことになるんだと思いますが、特に、活性炭を呑むようになって、体調が、良くなってきました。
だから、こんな前向きな考えも出て来たんでしょう。
腎臓がいかれてるので、毒素の排出が難しく、あちこちにいろんな支障が出てきましたが、少しですが、その毒素を活性炭が吸着してくれて、体が、動くようになってきたのです。

もう少し、映画にこだわり、映画を、追求していきたいと思っています。
『日本の悲劇』を応援してくれた皆さん、公開は、前にも書いたように、来年一月ぐらいまでですが、この映画が、古びることは、当分ないみたいなので、機会を見付けて、上映していきたいと思っています。

引き続きの応援、よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...