2013年2月11日月曜日

オスロを歩く、

イタ飯が食いたいと言う、ボクの願いを、三日目にしてようやく聞いてくれたオスロのシネマテークの人が、『日本の悲劇』の上映時に、レストランに連れて行ってくれました。
しかし、そのイタ飯は、ボクの想像していたものとは少し違っていて、ボクはあらかた残してしまいました。
駄目だあ、とボクは音をあげましたが、それが契機となったのか、以来、全身が、ノルウェーに拒絶反応を起こし始めたのです。
添付した映像は、イタ飯屋から出てのオスロの街歩きですが、QAの時間を間違えて、慌てて歩いているシネマテークの人とディック。それとボクは、既に、息も絶え絶えで、何とか、ついて行ってると言うありさま。


しかし、ホント、疲れた、





http://youtu.be/RNK_pa3UNZo

ノルウェー 特集上映会 

オスロ、ベルゲン、トロンハイムのシネマテークにて、ボクの特集上映が行われています。
ボクは、ロッテルダム映画祭の後、各地での『日本の悲劇』などの上映に立会い、ディックと、QAを行ってきました。

 
オスロのホテルからの眺め、
 

 
ディックとオスロのシネマテークの人、
 

 
オスロ
 

 
ベルゲンのシネマテーク 
 

 
ベルゲンのシネマテーク。以前は、オイルサーデンの缶詰工場だったそうです、
 

 
ベルゲンの街、
 

 
みんなで記念撮影、
 

 
ベルゲンの街、
 

 
オスロ
 

2013年2月10日日曜日

ロッテルダム映画祭





ディックと高松さん
 
 
 
久し振り! ビンセント!!

 
ディックの輸入している日本酒を、会場で
 

  
紙製? のビル
  

 
好きな眺め


 
ロッテルダムFF!!
 
 
 
パテ入口


  
リュックと相原さんと、エンジェル(アテンド)
 

 
シネラマ前
 

スイス ジュネーブ ブラックムービーFF

 
 
 
スイスジュネーブで開かれたブラックムービーFF 
 
  
泊まったホテルからの眺め
 
 
  
ディレクターのマリアさん
  

  
ホテルの部屋で、
  

 
通訳さんと取材の人たち
 
 
 
 
ホスピタリティーのエマニュエル
 
 
 
 
ボクのお気に入りの喫茶店

2013年2月9日土曜日

『日本の悲劇』が日本に上陸します!

大阪アジアン映画祭にて、『日本の悲劇』のプレミア上映が決定しました!
公開は、八月下旬からを予定しています。
いち早くご覧になりたい方は、ぜひ、「大阪アジアン映画祭」へお越しください!!

http://www.oaff.jp/2013/program/compe/11.html


皆さんのお越しを、お待ちしております。



2017年の事、そして、18年に向けて、

一昨年に撮影、完成した「海辺のリア」の公開が、6月となり、(これは、完成する前から決まっていたのですが)それまでは、新作のことも考えずに、ただ漫然と公開を待つ日々を送っていました。 映画が完成してしまい、初号試写が終わってしまうと、奇妙な空気が漂い始めます。 何かを始めように...